最新情報

ブログ
2019/04/29 12:24:00

認知度の低い口腔がん


口の中にできるがん「口腔がん」に対する認知度が低い、と警鐘を鳴らす
口腔がん撲滅委員会のHPによると、最新機器を使った口腔がん検診や口腔検診が
全国で受診できるようになったそうです。
当ホームページによると、必ずしも中年男性の病気という訳ではないのです。
勿論、飲酒や喫煙は大きな発症原因ではありますが、性別や年齢に関係なく発症する
リスクはありますので、早期発見が重要なのです。
もし発見が遅れると、「舌、顎、頬を切除する悲惨ながん」であることをお忘れなく。
時事ニュースによると、「口腔・咽頭がんになる人が毎年右肩上がりに増え、
2018年の口腔・咽頭がん罹患数2万3000人(予測)のうち、50%以上が
口腔がん」なのだそうです。
従って、健康診断と共に、年に一回の口腔がん検診を勧めています。
症状としては、口内炎が2週間以上治らないケースや、口の中に白っぽいできものが
あったり、赤くただれたところがある場合は、
早めに歯科で診てもらってください。
口腔がんの健診を行っている病院は、「口腔がん撲滅委員会」のHPに掲載されています
ので、ぜひご確認ください。

 
 
口腔がん撲滅委員会のホームページ
https://www.oralcancer.jp/