最新情報

活動報告
2019/01/07 13:05:00

塗り絵サロン

「初塗り絵」。

今日は、今年初めての「塗り絵」の日。

利用者の皆さん、熱心に挑戦しました。

塗り絵の効果を科学的に検証している専門家の言葉を借りると、

思考力や決断力が高まり、記憶力もアップして物忘れを防ぐことができるそうです。

「塗り絵は一見するとシンプルな遊びですが、実は意外に広範囲の脳を使います。

例えば、下絵を眺めているときは、視覚野のある後頭葉や、色や形の記憶が

保存されている側頭葉を使い、『何色でぬるか』『どこからぬるか』など、

作業プランを立てているときは、前頭葉にある前頭連合野が働くのです」。

こうしたことも、科学的に証明されています。

つまり、「脳はどんなふうに鍛えたらよいのか」と問われたら、答えは簡単。

まずは、「やる気を出すこと」、そして、色鉛筆で単に「塗り絵」をするだけでは、

脳を活性化させるためには十分ではないので、ぼかしなどの技法や配色、

色の濃淡などを工夫すると、より大きく脳が活性化することができるそうです。

たとえば、鉛筆でデッサンをするように、一色だけで塗り分けるというテクニックに

挑戦してみるのも良いかもしれませんね。