最新情報

ブログ
2018/12/24 15:05:00

クリスマスイブあれこれ

今日はクリスマスイブ。冬至も終わり、太陽も少しずつ高く登るようになり、

まさにクリスマスを祝うにはふさわしい時期と言えます。

でも、12月25日がクリスマスになったのはなぜ?

一説によると、3月25日に処刑されたイエスが、9か月後に降臨したためだとか。

もちろん諸説あり、真相は定かではありませんが。

もちろん、今日私たちが「祝う」クリスマスは、宗教とは全く関係がありません。

ご存知のように、キリスト教徒は日本の人口の1%前後に過ぎないのですから。

歴史書を紐解くと、日本で初めてクリスマスを祝ったのは、キリスト教が日本に伝わった3年後の

1552年12月だそうです。以来、ミサが行われ、「クリスマス劇」が演じられ、やがて今日の

“大騒ぎ”のクリスマスに至ったというわけです。

そういえば、戦争中には「クリスマス休戦」なんてのもありましたね。

将来、クリスマスを祝う習慣がどのような変遷を迎えるのかわかりませんが、

できるだけ静かな夜を迎えたいものです。

ともあれ、メリークリスマス!