最新情報

ブログ
2022/01/29 16:18:00

ちょっと一息 (^_-)-☆

食と言うのは
人それぞれ、色々な嗜好・好みがあるものです。
国によっても、それはそれは色々な好み・違いがあるもので…。

今日は一般的に
「外国人が食べないもの」について挙げてみることにしました。

  お茶のお供にでもどうぞ  ^^) _旦~~

まずは、
「卵かけごはん」 

サルモネラ菌が危険であることを除いても、
「見た目がひどい」
「卵は焼いた方がおいしい」
と顔をしかめられたりするそうです。



次は「ごぼう」
   
独特の香りとエグミが
外国人にとっては
受け入れがたいそうで…。
   


「海苔」
    
海苔を消化できる
腸内バクテリアを保有しているのは
なんと日本人だけだそうです。
ただし、「焼き海苔」は大丈夫とか。
しかしながらその見た目で
「カーボン紙みたい!」と顔をしかめる欧米人もいらっしゃいます。


「白子」
   
「白子」というと要するに魚の精巣
外国人が受け入れられない理由は」
まさにこれだとか。。。


「松茸」
   
日本人にとっては
かぐわしく高級で美味しそうな香りも
「軍人の靴下」などと、
不潔な臭いとして不名誉な言葉で片づけられたりして
…  (T_T)
 

最近では外国の方々にも
納豆や梅干しが大好きという日本通も
増えたように思います。

が、お皿に乗った「ウニ」を初めて見て
「猫の舌?!」と悲鳴を上げた
アメリカのお嬢さんを私は知っています…。
   

とまぁ、これはあくまでも
一般的な話ですから。
同じ人間でも育った国や環境で感じ方が違ってくるのは面白いですね。
日本人でも、セロリが好きな人も嫌いな人もいるのと同じかもしれません。

 育ってきた環境が違うから
 好き嫌いは否めませんね♪




松原  ❀