最新情報

活動報告
2019/02/05 15:30:00

健康第一!予防策と湿度のお話

こんにチワワ、皆様いかがお過ごしでしょうか?

風邪に加えインフルエンザも大流行しており、ワクチンが足りない所もあるとか。

そんな中、久末デイのご利用者は未だインフルエンザ感染者0です!!

みんな本当に元気\(^o^)/素晴らしい!!

今日はそんな久末デイの取り組みをちょっとご紹介!

 

まずは来所時、手洗いをしてお茶でのうがい、手指のアルコール消毒を実施!

お茶でのうがいは、カテキンの抗菌成分が口内や喉の雑菌をやっつけてくれます。

 

フロアでは11月から導入しているこのスーパー加湿器!

 

1台で4.7L/hr、150㎡(約100畳)の空間をカバーできるそうです!

厚労省は、「空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、インフルエンザにかかりやすくなります。特に乾燥しやすい室内では、加湿器などを使って適切な湿度(50~60%)を保つことも効果的です。」としています。

 

昼食前には全員、手洗い・アルコール消毒。

食後には、全ご利用者に口腔ケアを促しています。

口腔内を清潔に保つことで、誤嚥性肺炎の予防、またうがいをこまめにすることで、喉に湿気を与えることもできます。

そして、こまめに水分を提供しております。

これは十分な水分摂取量の確保と、うがい同様喉に湿気を与える意味もあります。

  

冬の風邪もそうですが、インフルエンザウイルスが好むのは、低温と低湿度。

暖房とあわせて加湿器や霧吹き、または濡れたタオルを干しておくなどして湿度も気にしてください!

そしてこまめなうがいや水分補給でのどを潤しましょう!

 

寒いのもあと1ヶ月ぐらい!風邪やインフルエンザを予防して、元気に過ごしましょう!!

 

久末デイサービス 加藤久可