最新情報

活動報告(IN)
2021/06/12 12:59:00

第1回深沢地区ケアマネ連絡会の補足です!

令和3年5月19日に第1回深沢地区ケアマネ連絡会をZOOMで開催しました。
「4月の報酬改定」「コロナワクチン接種について」が話題の中心となりました。

予定していた「介護保険最新情報Vol.977」について取り上げることができなかったので、ここで紹介させていただきます。




Vol.977は「居宅介護支援における業務負担等に関する調査研究事業」についての報告と各自治体へ居宅介護支援に関わる書類や事務手続き、業務負担の取扱いについて、各地域の実情を踏まえた対応を願いますと発信されています。

「居宅介護支援における業務負担等に関わる調査研究事業報告書」では、300ページを超える枚数と内容からケアマネジャーの業務負担の大きさが感じられます。

報告書を受けて、介護支援専門員自身が考える「今後の目指すべき介護支援専門員像」という添付資料があります。



①利用者、家族との関係においてどうあるべきか
②事業所における組織の一員としてどうあるべきか
③地域においてどうあるべきか
④多職種連携においてどうあるべきか

と多くの課題を突き付けられた印象をもってしまいましたが、現場で活躍される全国の介護支援専門員へのメッセージ(エール)であると、調査研究事業検討委員会の皆さまより言葉が寄せられています。

ケアマネジャーは常に利用者や家族に寄り添い、度重なる制度改正に丁寧に対応し「介護保険制度の要」として果たしてきた役割や功績は大きいと感じています。
実地指導や監査のための書類作成に追われて、肝心な相談者に向かい合う時間まで奪ってしまわないように書類の簡素化に期待したいです。