最新情報

ブログ
2020/05/15 16:15:00

朝ごはんを食べよう!

突然ですが、朝ごはんを食べる習慣はありますか?

もし、今、朝食を食べる習慣がない方は、朝は「何を食べるか」より「とにかく食べること」が肝心なので、在宅時間が長くなった今、何かしらを召し上がるようにしましょう。

食欲がない時でもとりあえず、おかゆや小さなおにぎりだけでも食べてるのでもOKです。

また、時間があれば、食事の前に軽く散歩するなど工夫してみましょう。

パンにチーズをのせる、コーンフレークに牛乳をかける、バナナとヨーグルトを和えるなど、乳製品を組み合わせることもおすすめです。
もちろん早寝早起きも大切です。


朝食セットのイラスト「パン・スクランブルエッグ・ウインナー・サラダ・スープ・コーヒー」

人間には1日周期でリズムを刻む「体内時計」が備わっており、意識しなくても昼間は活動状態に、夜間は休息状態に切り替わります。
体内時計の中心は脳に存在しますが、実は身体のあらゆる臓器にも体内時計があり、脳からの指令でリズムを刻んでいます。
外出自粛などで家に閉じこもりがちになり、日光にあたる機会が少なくなると、この体内時計が乱れ、身体に変調をきたします。
免疫力も大きな影響を受けます。体内時計は朝の光によってリセットされますが、食事によってもリセットできることが分かってきました。



生活リズムを整え、健康を維持する大切な習慣として、「朝ごはん」を見直してみましょう。

朝ごはんが大切なわけには、次の4つが挙げられます。

1. 決まった時間にとることで1日の生活リズムが整う。
2. 脳の働きを活発にし、集中力や記憶力が高まる。
3. 体温が上昇し、代謝が高まる。
4. 食べることで腸が動き出し、排便の習慣がつきやすい。
 
まずは何か、なんでもいいので食べるようしましょう!