最新情報

活動報告
2019/01/23 13:26:00

インフルエンザにご注意

現在東京都ではインフルエンザの流行警報が発令されています。

具合が悪くなったと感じたら医療機関を受診しましょう。

「うつらない・うつさない・(ウイルスを)持ち込まない」感染予防は以下の対策が有効です。

1 やっぱり大事!手洗い

手洗いはどんな感染症対策にも有効です。石けんと流水で30秒間手を洗いましょう。

2 もう常識です、咳エチケット!

咳、くしゃみの際はティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけるか、できれば周囲の人から離れましょう。

咳などの症状がある場合は、周囲にうつさないためにマスクをしましょう。

咳をしている人にはマスクの着用を促しましょう。マスクは不織布製マスクをお勧めします。

3 のどを守る適度な湿度!

空気が乾燥すると、のどの粘膜の防御機能が低下します。乾燥しやすい室内では加湿器などを使って、十分な湿度(50~60%)を保つと効果的です。また、時々窓を開けるなどして換気をしましょう。

4 しっかりとろう!休養と栄養!

日ごろから十分な休養・睡眠とバランスの良い食事を摂ることにより、体力や抵抗力を高めましょう。 

5 予防接種で先手を打とう!

インフルエンザの流行は、例年年末ごろから始まり、1~2月にピークを迎えます。予防接種を受けてから効果があらわれるまでは約2週間かかり、効果は約5ヶ月間持続します。毎年の接種をおすすめします。早めに予防接種を受けましょう。